子育草紙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【病気】クスリ時間の救世主「いちごバナナ」

7ヶ月の頃、おナカの様子があやしくなり、
1日5〜6回だったおむつ替えが20回以上に。
毎週病院に通いましたが
結局理由がわからないままひと月以上。

そうこうしてる間にアデノウイルスをもらって
40度超えの発熱を経験したり、
なかなかハードな「初めてのお病気」でした。

特に難儀したのが、日に3回のおくすりです。
思うところあって、ものすごくゆっくり
離乳食を進めていたところだったので
おくすりゼリーは食べられるかわからず、
ミルクやおかゆなど主食に混ぜると
そのものを嫌がり後に差し支える場合があると聞けば
そうする事もできず。

■少量の白湯で溶いてスプーンで飲ませる
■ペースト状にしてほおの裏にはりつけすぐにミルクを飲ませる
…など色々試してみましたが、ことごとくギャン泣き。
毎日3回、決まって泣かれるというのは
ものすごい重圧でした。

579708_226598057458376_1164181147_n.jpg

その救世主が「いちごバナナ」でした。
もともとバナナが好きで、
季節だったいちごをしぼってまぜたものは
はじめて催促された離乳食。

薬をバナナにまぜる方法を見て
これでためしてみたところ、大成功でした。
毎食フルーツをつけると
甘いものばかりを欲しがるようになると聞き
頻繁に出さないようセーブしていたのですが、
病気の時の特例措置という事で…

バナナをつぶし、いちごの果汁を混ぜたものを
ジップロックにのばして冷凍し、
割ってレンジ解凍して使っていました。

※処方される際、この飲ませ方でOKと確認した薬です。
お試しになる際は必ず薬剤師さんに確認して下さい。

↓同じ年BABYの育児blogがたくさん
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

【離乳食】1回食/金環日食仕立て〜マッシュかぼちゃとキャベツのピューレ

nissyoku.jpg

■かぼちゃ(レンジ→すり潰し)× 3 tsp
きゃべつ(茹で→裏ごし)× 1 tsp
■10倍粥 × 2 tsp

かぼちゃときゃべつを混ぜて太陽に、
10倍粥を月に見立てて。

肝心の食欲は部分日食どまりでしたが、
世紀の天体ショーつきの
なかなか豪華な朝食でした。

ミナトの離乳食は3週目の1回食。
なんとなく家族一緒に食べたくて、
我が家では朝食に合わせています。

赤字のきゃべつが新しい素材。
毎日ひとさじずつ、
ハラハラしながら見守っていますが、
食べられるものが増えるのは嬉しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。